TREZORでのMyEtherWalletへの接続方法

TREZORではイーサリアム、イーサリアムクラシック、ERC20準拠イーサリアムトークンに関しては、
MyEtherWalletを使用します。

これは、イメージしにくいかもしれませんが、
ウォレット自体はMyEtherWalletを使用しますが、
秘密鍵自体をTREZOR本体で厳重に保管した上でアクセスします。

これにより、高度なセキュリティを保ちつつ、MyEtherWalletでウォレットの管理をおこなうことができます。

 

MyEtherWalletにアクセス

まず、MyEtherWalletの公式サイトにアクセスします。

MyEtherWallet

 

 

サイト上部の言語切替により、日本語にも切り替えできます。

 

TREZORをPCに接続する

次にTREZOR本体をPCに接続します。
※TREZOR Model Tも同様です。

 

TREZORでMyEtherWalletに接続

TREZORを使用して、MyEtherWalletに接続します。
これは、TREZOR内の秘密鍵を使用してMyEtherWalletに接続するということです。

今回は、ウォレットの確認のため、
「お財布情報を見る」から接続します。

TREZORを選択し、「TREZORに接続」をクリックします。

 

すると、ポップアップが出現します。

パブリックキーを出力するか問われるので「Export」をクリックします。

 

TREZOR PINコード認証

次にPINコードの認証を行います。
ポップアップの9つのボタンを使って、
TREZOR表示されているランダムな数字をみながらPINコードを入力します。

※TREZOR Model Tはデバイス起動時にPIN入力しているため、ここではPINコード不要です。

本体にはこのように数字が表示されます。

この数字の並びは都度ランダムに並び替えられます。

入力したら「Enter」をクリックします。

 

接続方法とアドレスの選択

PINの認証が完了すると、下記の様な画面になります。

イーサリアム(ETH)、ERC20トークンの場合と、イーサリアムクラシック(ETC)ではパスが違うので、
間違えないようにしてください。

その下にアドレスが複数表示されています。

ここにある全てのアドレスは使用可能です。
任意のアドレスを選択して、「お財布をアンロック」をクリックします。

 

MyEtherWalletにてウォレットにアクセス完了

これで無事、ウォレットにアクセスが完了しました。

 

ただし、ウォレット内を確認するだけの場合は、
わざわざウォレットにアクセスする必要はありません。

セキュリティ上も、度々ウォレットにアクセスすることは望ましくないので、
ウォレット内部の確認だけであれば、Etherscanや、Ethplorerなどをご利用ください。

これらのサイトでは、パブリックアドレス(0xから始まる)を入力するだけで、
これまでの取引履歴や、トークン残高なども確認できます。